スポンサーリンク

もしも一年後、この世にいないとしたら

人生逆転

最近、ギャンブルの抑制に本を読んでいる。

必ず一冊は持ち歩き、暇があればスマホではなく本を開くようにしている。


今読み終えた本

『もしも一年後、この世にいないとしたら』

↓アマゾンリンク

は心を打たれました。

がん患者専門の精神科医(著者)の経験した事が書かれており、どの患者さんのエピソードも涙してしまいます。


そのなかで27歳という若さでスキルス性胃がんになってしまった患者さんの話は、怠惰な生活を送ってきた私に色々と突き刺さるものがありました。


少しだけ内容に触れたいと思います。


金融機関に勤めていたこの方は、責任感が強く、与えられた役割を果たすために努力は惜しまなかったそうです。

将来は海外に赴任したいと考え、プライベートな時間は外国の勉強や体力づくりにジム通い、すべては5年先、10年先、そしてさらに先のある未来の夢を実現させるため、『今』を犠牲にして生きていました。

それがある日「あなたの病気はがんで、根治するのが難しい」と医者から告げられます。

「なんで私がこんな目に合わなければならないんだ」と怒りがこみ上げ、ものにあたったり、両親に八つ当たりしてしまいますが

やがて怒りの感情がおさまってくると、悲しみの気持ちでいっぱいになりました。

それまで描いていた希望に満ちた未来を諦めなければならないことを考えると涙がとまらなかったそうです。



「10年先がないとしたら、人は何のために今を生きるのだろうか」


答えを探しに様々な本を手に取ってみるも、ほとんどの本が長生きすることを前提に書かれており、むしろ気がめいってしまったそうです。

そんなころ、カウンセリングに訪れます。




カウンセリングで

「病気になったことが悔しい。自分は病気になるまでは運がいい人間だと思っていたが、そうではない。最悪のくじを引いてしまったんだ」

とおっしゃったそうです。


それを聞いた先生(著者)が、「仮定の話としてくじを引かなければよかったか?」と聞きました。

患者さんは「は?」と答え質問の意味がにわかに理解できてないようでしたので

「つまり、病気になる人生だったら、生まれてこないほうがよかったですか」

と補足しました。


しばらく考え

「いや、くじを引かなかったほうが良いとは思えませんね。うん、最悪のくじだとしても、引けたほうがいいかな」

と答えたそうです。



私はこの患者さんのエピソードを通勤電車の中で読んでいて泣きそうになりました。


私もギャンブル狂いでハズレくじの人生と思っていたけれど、私は自分でハズレくじにしてしまっていたんですよね。

これで人生を嘆いているなんてとんでもない話です。

このブログを読んでいる方の中に、私と同じギャンブル依存症に苦しんでいる人もいると思います。


しかし、どうでしょう?


もう一度くじを引いて、同じようなハズレくじの人生になるとしたらどうしますか?


私はそれでも喜んでくじを引きますよ!



こんな人生でも生まれてきてよかったと思います。




我々にはまだまだ時間があります。


今ははずれくじの人生でも、これから当たりくじの人生に変えることだって出来る。


そう思うと、ギャンブルなんかで時間を失ってる場合じゃないですよね?


これからは一日を大切に生きなければ。




毎日、何となく生きてしまっている方や話が気になった方はぜひ読んでみてください。



死を意識すれば、何気なく過ぎていく時間がもったいないと感じますよ。

コメント

  1. 京都市民 より:

    『未来のために今を犠牲にする』生き方より『未来のために今を充実させる』生き方を選ぶことが大事ってことですかね。
    未来をより良くするために充実な今を生きられたら、今死んでも後悔しないのかもしれません。
    とはいえまずは借金なくすことですね。
    5年後の自分のために、今を頑張りましょう!

    • マサ マサ より:

      ボーッとしてたら時間なんかあっという間に過ぎてしまいます。

      ギャンブルの日々では見ることの無かった世界を見れば、何か変れるきっかけがつくれると思い、教習所に通い始めました。

      自分より一回り年下の若者に紛れて教習を受けるのは屈辱ですが、それでも目標が持てて毎日が楽しいです。

      なんとか9月までに免許取得、借金完済を達成させスタートラインに立とうと日々頑張ってます!!

      これからもよろしくお願いします。

タイトルとURLをコピーしました